何とかなるさ!何とかしなくちゃ!?

~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?

純正チョークレバーの調整

今時のバイクは殆どがインジェクションですが・・・。

GPZ900Rの純正チョークレバーを正常動作させる調整です。

 

 

社外品に交換しちゃってる方のほうが・・・

そもそもノーマルキャブのほうが少数派な・・・。

 

まぁまぁ。

純正チョークレバーを使っている方向けの記事です。

ヤ〇ー知恵袋か何かで困っている方がいましたので・・・。

 

引いてもすぐに戻ってしまう・・・と

任意の位置にとどまってくれるものじゃないのか・・・と

そのような感じの質問だったと記憶しています。

  

正常なチョークレバーとは・・・

目いっぱいレバーを引っ張りエンジン始動。

アイドリング+α のエンジン回転数のところまでレバーをもどす。

もちろん戻すときは押してもどす。

しばらく放置。

アイドリングが落ち着いたらレバーを完全に戻して走りだす。

引いたまま走ったりしますけどね。

 

そうですよね。
スルスルと戻ってしまってはエンジンが温まるまでずっとレバーを押さえておかなければいけなくなりますよね。

 

っで、調整です。

・・・調整できます。

f:id:munana-677:20191124193903j:plain

このネジを締め緩めして調整します。

 

!!すでに左集合スイッチを開けた後の写真です。

親指で押さえているのがチョークレバーですね。

 

このネジ (ピンクの矢印) で小さい鉄板をおさえています。

その奥に半透明で少し弾力のあるプラ素材が仕込まれています。

で、

このネジを締め込むとプラが潰されてチョークレバーと接しなくなります。

緩めると潰れたプラが復元してチョークレバーと接するようになります。

 

なのでレバーがスルスルで戻ってしまう場合は

 

ネジを緩める。

 

=潰れたプラが復元する

=プラがレバーと接するようになる。

=任意の位置でレバーを止めることができる。

 

緩めすぎると固くてレバーが引けなくなります。

引けなくはないです ( ´∀` )!

一回では決まらないと思います。

何度か組んでバラして程よい硬さに調整します。

 

んっ。その前に・・・

レバー周りが潤滑剤でベッタリなことはないですよね?

大丈夫ですね?

 

 どうですか?いい感じになりましたか?

困っていた方、お試しください。

 

作業をするにあたってはすべて自己責任でお願いします。

 

ー 長期の間、締め込んだままだともしかしたらプラが復元しなくて調整できないかもしれません。その場合は部品注文ですね ー

★カワサキモータースジャパン 純正パーツ啓蒙ページ

 

パーツリストで調べましたが集合スイッチ内部のパーツは注文できませんね。ハウジングアッシーで交換になりますね。ハンドルバーの項目にあります。