何とかなるさ!何とかしなくちゃ!?

~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?

佐原と成田山!

絶好調の GPZ900R ?で、息子 ( 長男 GB250 ) と一緒に、初!親子ツーリングです!!

 

'21.10.24

休日のゆる~い朝。

8時ちょい過ぎに自宅の市川市を出発。

目的地は道の駅「水の郷 さわら」。

のんびりチョコッと日帰りツーリングです。

予定は未定

まずは、鎌ヶ谷市を通って国道464へ向かいます。

っで、( 国道464を ) ひたすら東へ・・・。

国道408につきあたったら左折。

曲がってすぐ ( 右手 ) のコンビニで小休止。

甘い缶コーヒーで指先をあたためます。

「ちょっと早いなぁ・・・」

時計を見ると、まだ9時過ぎです。

お昼を佐原で済ませてのんびり帰宅の予定なのですが・・・。

「成田山(新勝寺)によってくか?」

「う。」

本来は、そのまま北上し、利根川沿いの国道356で目的地への予定でしたが、「予定は未定!」っということで成田山へ向かいます。

途中の国道51号線をスルーしてしまい、先で引き返す等々ありましたが、無事に到着です。

ちなみに

「ここのお店!」とか、「あそこの宿!」など、向かう先がピンポイントでないのなら、ナビに頼らず、タンクバックにマップル!っが気分です。

「間違った!」っと、気づいた時には、先を見渡し( 後続車、他の迷惑にならないよう )、良き所でバイクを左に寄せます。

っで、 地図を確認・・・

引き返すのか?・・・

このまま違うルートで行っちゃうのか?・・・。

・・・目的地に到着すれば、途中の道は違っていてもいいんです(笑)!

もっと言えば、間違ったその先に何か面白そうな所があるのなら、「本日の目的地変更!!」でも別に構わないのです(笑)!

「あんた ( ナビ ) の指示は受けないぜ。きょうは休日なんだ、オイラの好きにさせてもらうぜ・・・。」

こんな感じ?の「イ~加減」は地図ならでは?

成田山~さわら

話を戻します(笑)。

成田山 ( 新勝寺 ) に到着して、まずはグルっと駐輪場探しです。

「 ( 一般駐車料金 ) 800円かぁ~。」

「2輪専用の駐輪場があればもう少し安いんだろうけどなぁ。」

なのですが、2輪専用の「駐輪場」は見当たりません。

やむを得ず一般の駐車場にバイクを預けることに。

「バイクは300円になります。」

っと、受付のお兄さん。

300円なら、まぁ・・・納得かな?

f:id:munana-677:20211112131125j:plain

仁王門の大提灯。

参拝をすませ、境内で交通安全の御守りを購入。

そうこうしてるといい時間に・・・

「そろそろ行くか?」

「う。」

利根川沿いの国道へは、県道63号線で。

特に景色がヨロシイとかはありませんが、交通量は少なく走りやすいフツーの田舎の道です。途中で道が細くなって枝道?があったりしますが、立て看板(標識)通りに「道なり道なり」で・・・。利根川の手前で道の駅「発酵の里 こうざき」の看板がみえますが、今回はパスです。

あとは、利根川を左に眺めながら国道356号線で目的地へ・・・

f:id:munana-677:20211112141732j:plain

道の駅「さわら」に小江戸風景は・・・。

・・・到着。

「小江戸風景と思ってた?」

「うん。」

あの風景を期待してきたのですが、道の駅 「さわら」では見れないんですね。

二人して、下調べがなさすぎです(笑)。

まぁまぁ。

「昼飯どうする?」

「うん。」

ベンチに座ってスマホでスラスラ・・・。

ここは息子の意見で佐原駅近くの東洋軒へ。

東洋軒

ひと声かけて、バイクは店脇の駐車場に止めさせて頂きました。

駐車場の空きスペースは、バイクで2、3台くらい。

大所帯の場合は手前の ” 時間貸し ” かな?

暖簾をくぐって席に着きます。

テーブルにはコロナ対策用のアクリル板がしっかり立てられています。

「決まった?」

「うん。」

二人ともトンカツ定食。

注文を済ませ、午後の予定を立てていると料理が運ばれてきました。

っと、アクリル板越しに息子と目が合います・・・。

運ばれてきたトンカツ定食は、” 付け合わせ " も含めて完全に、

「洋食屋さんのトンカツ定食」・・・。

私たちは、メニューにあるトンカツ定食の文字を見て、なぜだか勝手に、

「とんかつ屋さんのトンカツ定食」を想像していたんです・・・。

じつは、注文時に聞かれてたんです。

「デミグラスと普通のソース、どちらにしますか?」

っと。

二人が見合わせた理由は ” ソース ” 。

「正解は、完全にデミグラスじゃん!」

ふたりそろって、普通のソースで注文してたのです(笑)。

まぁまぁ。

衣がはがれやすいのがアレでしたが、適度な厚さ ( 薄さ ) の豚肉と、薄い衣 ( 細めのパン粉 ) のバランスがよく、上品な肉の甘味を感じられ、とても美味しくいただきました。

次回はデミグラスで・・・(笑)。

「ごちそうさまでした。」

伊能忠敬記念館・・・の駐輪場?

「伊能忠敬記念館、行ってみる?」

「う。」

特に興味があるわけではないのですが(笑)、なんとなく行ってみることに。

「ぬぅ~。」

駐車場待ち渋滞です。

「止めれなかったら帰るか?」

「う。」

駐車場入り口までの安全を確認して、右抜きで渋滞先頭へ。

「バイク2台入れます?」

っと、受付のおじさんが

「バイクは無料。ちょっと待って。」

っで、自転車に乗って敷地内を案内してくれます。

「ココとココに止められるだろ?」

区切られたスペースではなく、奥のベンチや柵の周りに駐輪です。

バイクに優しい。

「ありがとうございます。」

ここを訪れる多くのライダーが、いつまでもこのスペースを使わせていただけるように挨拶くらいは気持ちよく!

小江戸 佐原

っで、人の流れに乗っかって ” 伊能邸跡 ” を見学。

建築物に対するアレがアレでアレなんですが(笑)、「へぇ~。」「ふぅ~ん。」「ほぉ~。」っと、庭と建物の具合とか、平屋の抜け具合とか( 教養の無さが・・・w)に感心しながらフラフラフラっと・・・。

っと、なんとなく川沿いに。

「おっ!小江戸 佐原!」

「うん!」

この風景を期待して佐原に訪れたのです。

f:id:munana-677:20211112150506j:plain

小江戸! 佐原!!

「ええ感じやね。」

「うん!」

私のエンジニアブーツと、息子の履くYAMATO。散策には不向きですが・・・。

ジャケットを小脇に抱えてコツコツコツ。

景色を眺めながらコツコツコツ。

途中の案内所に「芋アイス」の看板。

「食うよな?」

「うん!」

なかなかの「芋」感のあるアイスで美味しいのですが、食べ進めていくと最後は残念な気分に・・・。

最初にコーンに達した私。

中身を息子にのぞかせて・・・

「スッカスカ。」

「www。」

美味しいけど最後に残念な気持ちになる「芋アイス」を食べ終わり(笑)

「そろそろ行くか。」

「うん。」

帰り道

ジェットヘル越しに

「ありがとうございましたぁ~!」

受付のおじさんに挨拶をして佐原を出ます。

帰りも私が先導することに。

「じゃ、テキトーに。」

「うん。」

道路標識を見ながらテキトーに。

「ん。利根川沿いね。356。」

帰りは右手に利根川を・・・当たり前(笑)。

もう少し遅い時間だったら、夕日を眺めながらだったかも?

しばらく走ると、道の駅「発酵の里 こうざき」の看板。

「ここで、左に曲がったら来た道。もうちょい先まで。なんなら印旛沼まで。」

迷わず直進。

っと、ミラー越しに知らぬバイクが・・・。

息子の取る車間距離に耐えられず?割って入った模様(笑)。

「次、後ろ( のバイク )が直進なら左だな。」

っで、鎌ヶ谷方面の標識を確認し左折。

流れに乗って、田舎道をのんびり、ゆったり・・・。

しばらく走ると、左手に朝のコンビニ発見!

ニヤニヤしながらウインカーを左に。

「朝のコンビニ!!」

「うん!!」

甘いものをお腹に入れて気分もゆったり。

「じゃぁ帰るか。」

「う。」

このくらいの「イ~加減」がちょうどいい。