何とかなるさ!何とかしなくちゃ!?

~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?~!~!?

新!? Kawasaki R4

新旧ブレンドの R4 からの入れ替えになります。このオイルの印象を忘れないために、私のためのメモ書き・・・です。

「旧!?Kawasaki R4」の記事は こちら から。

ー はじめに ー

'70 年生まれのオジさんが、主に通勤で使用する GPZ900R に使用してのインプレです。ライダーの好み、使用状況、マシンとのマッチング等ありますので参考程度で・・・。

ー ー ー 

 

f:id:munana-677:20220104184247j:plain

第一印象

特別なめらでもなく、かといってシャバシャバのオイルにありがちな( 新R4がシャバシャバということではありません。)何の抵抗もなくビュンビュン吹き上がるような軽さもありません。

・・・このオイルによって、風味がつくようなことがありません。

・・・クセがない(笑)。

低速トルクとか・・・

旧R4にあった、極々低速域のトルクの薄さはありません。3~4000rpmくらいまではウルトラフラット(笑)なトルクの立ち上がりです。

エンジンブレーキの効きが薄いです。なので、積極的にシフトダウンしたくなります。また、ブリッピングがキメやすくライディングが楽しいです。

暑さにつよい?

 ” お盆休みに交換 ” しましたので、夏の後半からのインプレになります。

「ダレちゃってどうしよもない」って感じはありません。

交換直後は暑さに強いのかも?・・・当然か(笑)。

交換時期が 6,7月で、お盆をむかえてその先まで・・・だとまた違った印象になったのかもしれません。

冬の始動性とか

12月の早朝では問題ないです。始動前の油温が、ひと桁の日が多くなってきても( 5℃ の日もありました )、セルのまわりが重く感じるようなことはありませんでした。っが、真冬に突入!の前に次のオイル交換になりましたので、さらに寒さが厳しくなる、1 月 、2 月の始動性はわからないです(笑)。温まりは割と早いと感じました。

問題は耐久性???

片道10㎞の通勤車なんですが、なんというか・・・劣化が始まるとそこから先は、日に日に悪くなっていく印象です。

お盆休みに交換して、次の交換は10月の頭です・・・。

距離が・・・季節で・・・ではなく、

「劣化具合に我慢ができずに、次のオイルに交換!」

する感じです。

劣化具合の内容は・・・

たった 2か月 ( 距離にして800㎞ !! ) で「交換しなくては!」っとさせる劣化の速さです。

そういう気分にさせる、一番の原因は、シフトフィーリングの悪化です。

新油時は、わずかなタッチで「ス・コッ」「ス・パン」っと、アップもダウンも気持ちよくキマルのですが、劣化が始まると「ス・」の部分にザラついた濁音が混じるような感じです。

「わずかなタッチで吸い込まれるよう」

から、

「シフトレバーが突き当たるまで!かき上げて、踏んずけて、ねじ込むように!」

です(笑)。

余談です?

10月頭の交換後・・・。

「フィーリングが悪いだけだし!純正なんだし!問題ないでしょ?せめて正月休みまでもたせよう・・・。」と、2か月過ぎたあたりで、前回同様の劣化を感じながらも、次のオイル交換を見送っていたのです。

っと、12月の中頃に ” ギヤ抜け発生! ”

からの ” ガチコン・シフトダウン ” ・・・。

完全に私の「対処ミス」ですが、スパスパッとシフトが決まっていれば起こらなかったことです。

気持ちが悪いんで ( いろんな意味で w )!正月休みまで待たずに、こちらのオイルはドレンから排出となりました。

その時のマグネット付きのドレンボルトには、「鉄粉」とは呼べない大きさの「鉄片」 ( 極々小さいものですが、目視で「ぬぅ~。」っと確認できる大きさのものです )が・・・。

間違いなく、私が「対処ミス」したときのものですね。これによって、今すぐ重大な故障にはならないでしょうが、少しへこんでます(笑)・・・感覚を信じて早めの交換しとけばよかったよ・・・。

まとめ?

ロット番号を残しておきます。

f:id:munana-677:20220104184616j:plain

シレ~っと(笑)モデルチェンジがあるかも・・・残しておきます(笑)。

純正オイルだから安心して「3000㎞は大丈夫!」は、どうなんでしょう?

最新の精度よく組上げられた、もしくは、上手く電子制御されたバイクならば、ギヤ抜けなんてする事なく、シフトフィーリングの変化等も感じさせず「3000㎞は大丈夫!」なのかもしれません。「気持ちよくない」だけで ( ギヤ抜けしてますが w ) 、実はエンジン各部の潤滑は充分にできているのかもしれないですからね。

だけれど・・・

仮に「新 R4 」が、最新の Kawasaki バイク用にアップデート ( ← エンジンオイルに使う言葉じゃない?w ) された物だとしたら、古めの空冷に近い設計の(笑)GPZ900R には合わないのかもしれないです。

こちらのオイルが、今後あらためて「古いバイク用にチューニング」されてくることはないでしょうから、今回のオイル「 新 Kawasaki R4 」は、私 ( 私のバイク ) 的には・・・「ナシ!」だなぁ(笑)。

 

 ↓ アップデート前?の「旧 R4」の記事です。

www.mu-nana.com